【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評

ゲーマー歴ン十年のゲームマスターが、ゲームのクソ要素をぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【ふじさんコラム第11回】沼津市ラブライブマンホール損壊問題で犯人の利己的な暴力に呆れ果てた話

f:id:gamemasterfujisan:20180613190827j:plain

静岡県沼津市ラブライブマンホールが

傷つけられ塗り潰された問題と、

ラブライブ聖地巡礼の美しい在り方が

真のファンとしての在り方だという話

今回は結構長いよ( ´,_ゝ`)☆=-キラリッ

 

 

 

 

 

※画像読込完了まで数秒お待ち下さい

 

 

沼津マンホール損壊問題

 

人気アニメ・ラブライブ関連

 

ショッキングな問題動画

 

まず最初に、問題の動画を。 

 

見る人によっては、

結構なショックを受ける可能性あり。

 

要注意と釘をさしておきたい

 

渡辺曜の場合

  

 

 

 

 

 

更に高海千歌の場合

↓ 

 

( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)?

 

 

 

 

( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)

 

 

 

 

( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)..........

 

 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180608174113j:plain

( ´,_ゝ`)

 

 

凶器を力強くこすりつけたあの瞬間、

猛烈な拒否反応を痛烈に感応した。

 

ひどすぎるね………

本当に、同じ人間なのか?

 

これだけの事しくさるからには、

それだけの覚悟、

あるんだろうな?この犯人。

 

とにかく、この動画だけでも

描かれた娘の痛々しさを感応したが、

色々と調べていくと更に酷い事が判明する

  

 

  

クラウドファンディング企画

 

沼津市全面協力のプロジェクト

  

f:id:gamemasterfujisan:20180611164247j:plain

ヌマヅノタカラプロジェクト | First Flight より引用。

==================================

 

ヌマヅノタカラプロジェクトで行っている

これはクラウドファウンディングによって

集められた資金により作られたマンホール。

つまり、ラブライブファンによる想いで

金が出資され、このプロジェクトを支え

見事達成させ、現実にしたということ。

 

もちろんこの品は沼津市が所有し、

市内に設置しているマンホールでもあるので

これを傷つけたという行為を市が訴えれば

立派な器物損壊罪になるはずだし、

この行為によって波及される何か……

 

観光収益に悪影響を及ぼしたとして

確たる統計などで明らかな損害がみられれば

もしかしたら?( ´,_ゝ`)?もしかしたら?

  

その脅威の出資総額

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611173654j:plain

ヌマヅノタカラプロジェクト | First Flight より引用

==========================

 なんと

3384万4000円!!

  

さんぜんさんびゃく

はちじゅうよんまん

よんせんえんだよ君たち( ´,_ゝ`)

 

しかもよーく見ると、

達成率152%!ということで

およそ50%オーバーキルしてるあたり

もう、ドッと集まったんだろうなあと

想像して笑ってしまう( ´,_ゝ`)

 

こいつらどんだけ

愛溢れてんだと( ´,_ゝ`)

 

元々の目標額は2217万円で、

サポーター総員数は実に1455人。

 

ちなみに現在では募集終了している。

 

しかし単純に

聖地巡礼地の実現を願ったものだけでもなく

実はこれら特典が原動力になったかもしれない

  

 

 

クラウドファンディング特典一覧

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611180304j:plain

長島鋳物製ミニマンホール

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611181351j:plain

メモリアルメタルチャーム 

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611180853j:plain

マンホールキーホルダー

  

 

  

f:id:gamemasterfujisan:20180611180903j:plain

めぐりパネル

 

 f:id:gamemasterfujisan:20180611180911j:plain

プロジェクトサイトに名前記載権

 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611180921j:plain

長島鋳物株式会社内でマンホール工場見学と

色差し体験までできる権利

 

ヌマヅノタカラプロジェクト | First Flight より引用===============================

 

これ目当てだろうとなんだろうと

何も変わりなくアツく尊い行動だし

実現させた事実に変わりないね( ´,_ゝ`)

  

 

  

製作した長島鋳物株式会社とは?

 

f:id:gamemasterfujisan:20180611182043j:plain

長島鋳物株式会社 | Nagashima Foundry Co., Ltd. より引用

=================================

全国のデザインマンホールを製作する、

埼玉県に居を置くマンホール職人の会社。

 

実際画像検索してみると

出るわ出るわなマンホール( ´,_ゝ`)

長島鋳物株式会社 マンホール Google画像検索

 

こんな職人たちが、

その技術を結集し丹精込めて

製作したマンホールでもあるわけでね………

 

あのラブライブマンホールは

ラブライブファンの想いのみならず、

これら職人の尊き技と想いも込められてる

 

ファンのため、沼津市のため……

そう願い、職人としてのモノ創り魂の

信条や情熱と、職人技術の粋を結集し

製作されたマンホールに違いない。

  

 

  

実際に設置されたマンホール

  

ここからは、

実際に設置されたマンホール画像紹介

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135915j:plain

高海 千歌

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135856j:plain

津島 善子

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135939j:plain

桜内 梨子

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135934j:plain

国木田 花丸

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135911j:plain

松浦 果南

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135848j:plain

小原 鞠莉

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135851j:plain

黒澤 ダイヤ

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135904j:plain

黒澤 ルビィ

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612135925j:plain

渡辺 曜

 

 

マンホールだからと、

もっと雑なイラストを連想してたけども

デフォルメされたSDキャラとはいえ

イラストのままのかわいさとして遜色なく

実際見て驚いたのは率直なところ( ´,_ゝ`) 

 

これは聖地巡礼もたぎらざるをえない

  

 

  

更に別の被害画像と市議の検証

 

他の被害マンホール画像

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612145013j:plain

津島善子ちゃんが少し塗られ

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612143325j:plain

黒澤ダイヤが結構塗ったくられ

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612143315j:plain

渡辺曜ちゃんがめっちゃベタ塗られた

もはや元の色素がなんなのかわからない。

 

 沼津市議・小澤隆氏による現場検証

 

雑巾で拭いた結果、これほど塗られた

曜ちゃんのベッタベタな白塗りですら

もしかすると元通りにできるかも?

 

黒澤ダイヤの方はこんなに改善

 

新たに作るまでもなく

職人や専門施設でクリーニングすれば

綺麗な状態に戻せそうな気がする。

それなら不幸中の幸いか( ´,_ゝ`) 

 

 

  

未確認ながら犯人の姿が

  

色々と未確認なので

グーグル検索して探してね☆=-キラリッ

って程度でしか扱えないけど……

 

ラブライブマンホール 犯人 - Google 検索

 

これで検索すれば色々情報は出てくる。

 

どうもチケット偽造して

スタッフに暴行し逮捕されたというもので

更にコイツ、マンホールを手製凶器で傷つけ

笑いながら動画とってたアイツとか。

 

ラブライブ会場でファンを装い、

凶行に走ることが狙いだったり?

 

ライバーのイメージを失墜させる、

そんな偽装行為とも受け取られる。

 

こういうヤツらが暗躍していることも

考慮するべきだね( ´,_ゝ`)

  

 

  

心穏やかな真のファンの姿

 

ラブライバー愛溢れる慈善メンテ

 

現在、

9点のラブライブマンホールは撤去され

これは見る事はできないんだけども、

このラブライブマンホールは

聖地巡礼に訪れるライバーの手によって

頻繁にメンテナンスされていた。

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612151521j:plain

よしこちゃんをフキフキ

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612151527j:plain

ちかちゃんをふっきふき

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612151532j:plain

まりたんをきれいにふきふき

 

聖地巡礼地とすることを

受け入れて実現させてくれた沼津市

このマンホールを実現させるために

県内外問わず3384万あまりも出資され

目標額を悠々と超える152%まで集まり

このマンホールはいわば、ファンの想いが

現実に具現化されたカタチ。

 

しかしながら、

アニメは未だに子供の見るものだとか、

犯罪者予備軍が好む陰の文化だとか、

そういう認識が社会に根を張っているし、

ラブライブのみならずアニメファンならば

その現状をひしひしと感じているのでは。

 

何か犯罪行為があったときに、その原因を

アニメや漫画に何かと結びつけたがる

メディアの報道に過剰反応するのも、もう

そう思われる事にうんざりしてるからだろう

 

しかし、こうした背景を考慮した上で

この聖地巡礼やマンホール出資を鑑みると…

  

 

 

社会の認めと顔も見えない人の絆

  

静岡県内に存在する、

紛うことなく確かな市町村である、

沼津市という社会が、

 

アニメを、ラブライブを、

観光という市策であるとはいえ認め、

沼津市の景観を美少女アニメの色に染め

ラブライブファンであるラブライバー

来訪に歓迎して頂けている現状には、

アニメタイトルの括りを越えて心打たれ

暖かな気持ちになったアニメファンも

実際多いんじゃなかろうか。

 

また、

ラブライブサンシャインというアニメを

心から愛するファン達であろう出資者達の

アツい想いが結集したものでもある

 

つまりこのラブライブマンホールは、

沼津市に認めてもらった証でもあり、

同一アニメを愛するファンたちの想いが

1つの目標に向けて心を1つに努力し、

力を少しづつ出して掴み取った成果。

 

そうして現実に具現化され夢を叶えた

想いの結晶がラブライブマンホールなのだ

 

しかし、

一部の破綻者の利己的かつ純粋な暴力に

ラブライブのマンホールは傷つけられ、

一時的…という話ではあるけども

すべてのマンホールが撤去されてしまった

 

これは、同様の被害が続きかねないから

撤去したという判断ではあるけども、

このように社会が認めてくれた象徴が……

 

どこの誰ともわからず顔すら知らないが

夢を現実にするために努力し……

同じアニメを愛するファンたちが

心1つにして達成したその絆の象徴が……

 

嘲笑しながら物理的に傷つけるだけでなく

そのまさに実行現場の動画も残され、

撮影者自身が未だに消さず今も見られ、

美しく彩られたそのマンホールが

何者かに真っ白に塗り潰されもすれば、

ファンたちのショックは……もうね。

 

想像以上な気もする。

君たちは、今こそ怒り震えるべきだ。

 

こんな事は、

あってはならない!!

 

他アニメのくっだらない揚げ足とったり

他アニメを貶め自分の好きなアニメを

相対的に上に持ち上げだすとか、

そんな猿な戦争してる場合ではないぞ!

  

 

  

しかし一方で………

 

一部のラブライバーの凶行

 

一部の素行悪いラブライバー

何かと問題行為を起こしている……

なんて話は以前から文字で目にしてるが

まず、本当にラブライブのファンかは

実際わからないところも大きい。

 

というのも、その会場に居さえすれば

ラブライブのファンと見られるわけで

本当にファンなのかというと……?

 

 これなんかは特にわかりやすい。

 

これ、捨てた本人は客だとしても

ラブライバーなんだろうか?

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612193052j:plain

こういう劇場版特典らしいけど。

転売目的の輩も居たりする上に、

ファンってほどでなくても

買えるし、観ることはできる。

金さえ払えば誰だって入れるからね。

 

もし本当にラブライバーだとしたら…

 

ゴミ箱に捨てればイイってもんじゃなく

食材を無駄にしないよう持ち帰って

あとで食べるなりするべき。

真摯なファンでありたいと思うなら。

 

こういう事は非常に印象が悪いし、

客が見て確認しなくても、

店舗側の人のゴミ捨て時か、

ゴミ箱の状態を確認する際に発覚し

ラブライバーはやっぱそういうやつか

と思われる…っていうより、事実になる

  

 

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613084113j:plain

おまけ。

 

台風の影響で聖地が荒れてると

勝手にゴミ拾いしに行ったところ

漂流物の中にスズメバチの巣があって

近くの旅館の方に迷惑をかけてしまう。

 

これ、おそらくは事前に

片付けに協力したいという旨を

沼津市の方に問い合わせた上だから

まるでギャグ展開で笑ったけど、

 

これを読む限りでは、

ボランティアは受け付けてない、という

直接の解答があったにも関わらず、

ライバーが善意で突っ走った結果、

迷惑行為になった、っていう話かな?

 

その、聖地を愛するアツい気持ちや

片付けて沼津市を助けたい!みたいな

そういう気持ちはとても素晴らしいけど

ド素人が独断で突っ走ってしまうと

結果的に迷惑かけてしまう事も多い。

 

今回は、ハッキリと

ボランティアは受け付けてない

という解答を受けていたのだから

その通りにやめておくべきだったが、

でも、何か違う状況で同じように思い

助けになりたい!この場を守りたい!

そう思えた時がきたのなら、

その時は、その熱情が突き動かすままに

善い!と思う事をしてほしい。

 

今回はたまたま間違えたけど

その気持ちを胸に宿すこと自体や

行動する強い意志はなかなか持てないし、

それはとても素晴らしいこと。

 

是非とも大事にして欲しい( ´,_ゝ`)

 

現に、沼津市内のゴミを片付けてくれる

聖地巡礼者に感謝してるという声もある

 

 

  

ラブライバー偽装犯の可能性は

  

一方で、ラブライバーの素行が

どうこうみたいな話でいつも思うのが

ラブライバーのフリしたタワケが

マナー悪い応援したり暴力振るったり

ゴミ捨てたり壊したりしてても

一見、区別がつかないってところ。

 

そういう場合は、

ラブライバー偽装してる個人を判別し

他の場所での問題行為の有無を見れば

偽装なのかどうかも推測できるし、

そうでなくても単純にそいつが問題なら、

それってもしかすると「複数作品のファンが」

問題起こしているってことも考えられる。

 

となれば、

ラブライバーが」ではなく

そいつ個人に問題があるって事になる。

 

今回のラブライブマンホール損壊犯も

同様のことが言えるかと。

 

その問題行動してる個人を判別してみると

面白い事実が判明するかもよ?( ´,_ゝ`)

  

 

  

確かな事を観れば善行が目立つ

 

それにそんな不確定な話はどうでもよく

確たる話を重視して評価をしたいところ。

 

クラウドファンディングでこれほど投資し

沼津市ラブライブ聖地巡礼地として

更により良くしていきたい想いも見てとれ、

その象徴であるラブライブマンホールを

何の報酬もないただの慈善事業で

きれいに拭いてまわるファンもいて、

その流れを作ろうともしていたし、

聖地を守ろうとゴミを自主的に拾い

沼津市をきれいに保つよう配慮する、

そんなラブライバーも多く見られる。

 

また、

ラブライブサンシャインライブで

 

こんな暖かいことも。

 

こちらも2017年8月6日のツイート

 

あるラブライブ会場でゴミが散乱しており

最初は2人で自主的に、スタッフでもない、

ただの客であるラブライバーらが片付け始め

ペットボトルやら何やらをまとめていたら

何人かのラブライバーがその様子を見て、

手伝う旨で声をかけてきてくれて、

結果、こんだけゴミがまとまったよ~

って話のように見受けられる。

 

また、

ゴミ箱前でまとめて放置してる理由は

これを処理するまで踏み込んだことは

さすがにイチ客である者にはできないから。

 

あとはスタッフに任せることに。 

 

一応ここまで書いておかないと、

文を読めないお猿さんが多いから

こうやって書いとくよ( ´,_ゝ`)

  

 

 

この事例を考えると、会場をゴミで散らかし

それをおかしく思わないのがライバーかと

そこまで読めて確定してしまうが、

これは金払って入場した会場内での出来事。 

多少のゴミ散乱は問題ではないけどね。

 

ただし、仮にゴミ箱が溢れかえって

入らない状態だった、としても

ラブライバーひとりひとりの、

カバンなり手提げ袋なりの中にいれて

持ち帰る事のできる程度のゴミであれば

自主的に持ち帰ってほしいというのは、

当然あるっちゃある。

 

仕事として清掃するのは当然だし、

客が店側の事情まで配慮するなんて

義務がないし、ルールもないんだし

こうやってゴミ捨てるのは当然だ、と

あぐらをかくのは、醜い。

 

清掃するのだって大変なわけだし、

仕事だからやって当たり前、

義務じゃないからやらないで当たり前とか

そんな1か0な話では真理を捉えられない。

 

また次もラブライバーを歓迎したいと

そう思われるような立ち振舞いをしてこそ

マナー良い上客として映り、見方も変わり

人としての美しい在り方も秘めるもの。

 

このれもんという人のような、

心の底からくる美しい思いやりの行動から

何かを学びとり、実践しようかな?と波及し

そう思い、そうする人が増える事も祈りたいし

 

現に、沼津市聖地巡礼地のゴミ拾いだって

誰に頼まれるわけでもなく率先して拾ってくれて

地元の人よりも沼津をきれいにしてくれる……

なんて話は、現地から幾度となく耳にしている。

 

 

 

事故の混乱を的確に捌くライバー

 

Jcastニュースより引用

=============================

 

しかも、こんなラブライバーだっている。

 

要約すれば、

片側1車線の車道で3台絡む事故があり

交通渋滞も危惧されるほどの事故だったけど

ラブライブファンの数人が自らの判断で

車の誘導などを執り行ってくれた結果、

後続車もスムーズに進め、渋滞もなく済んだ。

 

と、そんな話。

 

どうも20代前半が4人ほど居たらしいけど

赤い誘導灯をもって誘導してたって点と

すごく手際よく機敏に的確に処理してたらしい

 

これ本職の人かな?って思う前に、

赤い誘導灯ってキーワードを見た瞬間

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613085911j:plain

コレ?( ´,_ゝ`)

 

なんて脳裏をよぎり、

ヲタが良く持ってる某赤い発光物?

とか思って( ´,_ゝ`)な顔になって

その現場想像してワクワクしてきたけど

ある信頼できる人の話によると

手近な施設からお借りした正式な誘導灯

である可能性が高いということ。

 

施設名の候補も教えて頂けたので、

確認する時期がきたら追記したい( ´,_ゝ`)

 

 

  

沼津市の景観には賛否必至か

 

ただし、ラブライバーの素行云々以前に

無視できない問題があるのは事実。

 

景観にあたる画像をザッと挙げるけど

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170929j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170932j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171000j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170935j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170951j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170956j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171007j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171035j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171010j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171019p:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171024j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171027j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171014j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171049j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171031j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612171040p:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170947j:plain

 

f:id:gamemasterfujisan:20180612170940j:plain

 

美少女アニメキャラの等身大的パネルや

美少女アニメで埋まる店舗外観や景観。

 

 

  

f:id:gamemasterfujisan:20180612171049j:plain

また、日産レンタカーが

いわゆる痛車をレンタル開始していて

これがまた素晴らしいクオリティの痛車

 

船舶にもラブライブ

駅にもラブライブ

列車にもラブライブ

歓迎タペストリラブライブ

浜辺にもラブライブ、と

 

まさにラブライブな景観が転がる。

 

これには当然、受け付けない人も居て、

毛嫌いする人も居るだろうと思える。

 

何を好きか嫌いかと思うのは、

ラブライバーの印象の悪さに目を向けて

後付による嫌悪感を宿す事とはまた別に

理屈抜きの生来の部分も大きいからだ。

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613090539j:plain

つまり、こういうアニメキャラか、

アニメそのものへの生理的嫌悪感。

 

見た瞬間、ウワッ……となる

拒否感そのもののこと。

 

演歌やフォーク好きな人が、

ロックやヘヴィメタ、ラップやレゲエを聴き

ウワッ……となる拒否感や

 

その逆もまた然り。

ボカロでも同じ事が言えるかもしれない。

 

美少女ゲーなんて興味もなく

面白みも感じずむしろ否定的なプレイヤーが

美少女ゲーやってる人を見て

ウワッ……って思うようなのとかね。

 

ラブライブ聖地巡礼場として

完成されていくこととは、同時に

自然に由来し、穏やかに広がっていた

沼津市の質素な景観が壊された事にもなる。

 

確かに観光という意味合いでは

多くの観光客を取り入れる事には成功し

沼津市が活気付いたというのは事実なハズ。

 

しかし、

これら観光客はラブライバーであり、

聖地巡礼として開発される以前まで

沼津市に訪れていた観光客とは、

まるで違うタイプだとは推察に易い。

 

更に言えば、以前までの観光客は

遠のいて近寄りもしなくなり、 

これに似たような景観をもち、

似たような街に流れると考えるのは

極めて妥当な推察だ。

 

 

  

数値でドヤらず沼津市民への感謝を

  

観光客による活気づけを

収益面だけで見るなら、それは数値の上下。

成功しているかしていないか?を見るなら

数値が上か下か程度の比較だけで判断する

 

観光施策として成功したか失敗したかなら

もちろん、数値が上の方が成功になる。

 

そういう意味では、

この聖地巡礼プランは大成功だろうけど

活気づくか、活気づかないか、

観光客で収益が増えるか増えないかなど

どーでもいい沼津市にとっては、

この景観の変化に、はたして

どこまで馴染めていけているのか?

 

これはどこまでいっても、

決して無視できない問題だ

 

ラブライバーは、

そのラブライブを愛する気持ちの

ほんの1%でもいいから、

これら観光される側の地元民

その気持ちを向けてあげてほしい。

 

そうすれば、自分が観光客だからと

我が物顔で聖地巡礼する事もできないはず

 

元々ラブライブの聖地でも何でもなく

沼津という地に生活を根ざし生きてきた、

地元民の生活圏という事に気づけるはず

 

ましてや、

金払ってるのは俺らだし

観光客に文句言う?とか

 

俺らのおかげで沼津が

活気付いてるのに?とか

 

そんな数値を縦にした言動など

言語道断。

 

それは、

愚かで醜い卑怯な人間のやること。

 

そんな数値の上下程度

くっだらない事を誇るのでなく、

その聖地巡礼の場として迎えてくれた

沼津市の方々への感謝と、自身の喜びと

申し訳なさから始めなければならない。

 

すべては、こうした認識から始まる。

  

 

   

聖地巡礼とはロマンである

  

聖地とは、

自分が愛する作品が描く仮想の世界の

元となった世界であり、街であり人である。

 

そして聖地巡礼とは、

あくまでも仮想でしかない作品の世界の

キャラであり、建物であり、景観であり、

そこに息づく空気であり、歴史などの、

2次元にしか存在しえないあらゆる要素を

現実に投影させて魅せてくれる舞台で

アニメへ想いを馳せて楽しむという事。

 

いわば2次元と3次元の中間の、

どっちの世界が正解なのかとも、

どっちともとれない不思議で神秘的な

ロマン溢れる空間が広がっているのだ。

 

聖地巡礼地とは、

2次元に想いを馳せるファンらにとって

自分らが住む3次元に寄せて感じられる場を

提供してくれた街であり、人だということ。

 

ぬいぐるみを抱えて巡ろうと

キャラがプリントされたシャツを着ようと

ラブライブマンホールをきれいに拭こうと

アニメシーンを思いながら写真撮ろうと

聖地巡礼なのでこれは好きにすればいい。

 

でもそこで出るゴミは、

持ち帰るべし……とは言わないが、

せめて所定のゴミ箱へ入れること。

 

更に、ゴミ箱が溢れかえっていて

それ以上入らないというのであれば、

少なくとも自分らの分だけは、

慎ましくそっと持ち帰っていくのが

聖地巡礼の美しい在り方であり、

大切な場を利用させてもらう側としての

すべてに共通する配慮だと考える。

 

そして無駄に騒がず、

不必要に場所もとらず、

許可必要な場所を無許可で立ち入らず…

 

聖地として構えている中心地から

少し外れた閑静な場所へ行ったなら、

そこは聖地巡礼として構えている場とは

少し外れる場所だという認識を持つこと。

 

君たちは、是非ともそうした

慎ましく美しい聖地巡礼をしてほしい。

 

地元の人に、

聖地巡礼の場になってよかった、と

そう心から思ってもらえるように、

ひとりひとりが美しい意識をもちながら

アツい聖地巡礼をしてほしい( ´,_ゝ`)

 

 

  

で、ラブライブって何なの?

 

萌豚しか喜べないアニメではない

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613181822j:plain

ラブライブ!とは、

音ノ木坂学院の女子高生らが

ひょんなことからスクールアイドルとなり

涙あり笑いありで同じ志の仲間と出会い

廃校の危機をアイドル活動の注目度と

努力と根性と友情をもって大成し夢を叶え

人々に愛と希望と勇気を振りまいていく…

とかなんかそんな感じの美少女アニメ

 

決して、なんか妙にきゃぴってあざとくて

なんかカワイイ萌え声女子高生沢山出して

アイドル設定にして踊って歌わしときゃ

どうせおまえらヲタはブヒブヒ言って

勝手に萌えて金出すんだろ?ゲヒッ^w^

 

なんていう、そんな

うすっぺらい作品などでなく

安直で陳腐な作品などでは決してない。

 

少なくとも前作のラブライブ!

全話観た限りでは本当に

素晴らしいアニメだった

これなら、たとえ美少女アニメ好きな

萌え豚どもが大半だろうとはいえ、

圧倒的人気で支持されるのも納得。

中身が伴ってるからこそ絶大な人気で

ムーヴメントを引き起こしたんだ

ふじさんはそう考えている。

 

その続編であるサンシャインも

その熱狂的ファンを魅了するのもまた

自然な流れっちゃ流れかね( ´,_ゝ`)

見てないけど。

 

前作はニコニコの一挙放送で観た事があり

ふじさんは、そのスポ根友情物語に、

美少女アニメな外装に騙されることなく

本当に、心からアツくなり感動した。

 

また、ネタバレとかどうでもよく

コメントつきで気軽に視聴してたので

ラブライバーと思われるヤツらの

なんとも熱気と愛情こもったコメント

大量に流れていくのを眺めながら

 

 

こいつら、

どんだけ好きなんだ……

 

 

などと、半ば

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

ジョジョ擬音が轟きだすカンジで

その文字の情景を眺めつつ、

いつもの( ´,_ゝ`)な顔になりながら

一挙で全話観通したのは記憶に新しい

  

 

  

ラブライブの超簡単なあらすじ

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613182314j:plain

 まず前作であるラブライブ!では…

 

学校廃校という問題が降りかかるが

スクールアイドルプロジェクトを成功させ、

入学希望者を増やす事が提案される!!

各校のスクールアイドルで人気投票を競う

LoveLiveで上位狙い努力と根性で結果出す!

そして人気上位になれば入学希望者も増える!

そうすれば廃校は免れる!やったね!!

 

なんていう明確な目標があったし、

ファーストライブと終盤ライブとで、

演出をかぶせてきてるのもニクい演出。

 

始まりの絶望とも重なっていくことで

夢叶えたシーンがとてつもなく感動した

 

 

 


ニコニコ動画だし、誰かの動画だけど

一応比較動画おいとくか。

スタダ比較って呼ばれてるやつだね

 

ファーストライブで歌ったこの

START:DASH!!がまた良い。

ラブライブの歌はよく覚えてないけど

この歌と、あとはエンディングの

きっと青春が聞こえるがあればもう

他の歌は特に気にしてない( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613182815j:plain

うぶげの小鳥たちも

いつか空にはばたく………

 

熱い胸きっと未来を切り開くハズさ

 

雨あがりの気分で高まる期待の中

つまづいたことさえも想い出にしよう

 

哀しみに閉ざされて

泣くだけの君じゃない

 

迷い道やっと外へ抜け出したハズさ

 

喜びを受け止めて

キミとボク進むだろう

 

またひとつ夢が生まれ……

 

それは(それは)

遠い(夢の)

カケラ(だけど)

愛しいカケラ

 

彼方へとボクはDASH……!!

 

 

この歌で終盤の大団円を彩るシーンは

歌詞とメロディも相まり感動も最高潮へ!

それは(それは)の部分もホント良い。

 

最初は3人だったので1人2回映る感じで

この歌詞を歌い上げていくんだけど、

最後は9人もいるので被らず映されながら

この歌詞を歌いあげていく( ´,_ゝ`)

ここも胸がアツくなるものが( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180614075123j:plain

しかも、

ほのかがずっと雲の上の存在と見て

尊敬と羨望のまなざしで瞳に映してきた、

ラブライブ優勝者・アライズ(A-RISE)も

このライブを観ている描写もきて、

 

f:id:gamemasterfujisan:20180614075139j:plain

この表情は、感嘆の表情にも見えるし、

少なくとも強い興味をもって観ているはず。

これがPV的なものを見ているのか、

まさにこのシーンを生放送で見ているのか

どっちなのかはわからないけども( ´,_ゝ`)

 

無名なスクールアイドル・ミューズの

その成長と躍進が垣間見える素敵な場面。

START:DASH!!の歌詞の示す意味もよぎり

胸がいっぱいになる名場面だね( ´,_ゝ`)

 

第3話ファーストライブ時点での話だけど、

ライブやるから観に来て~っていう誘いを

協力者と一緒に宣伝していたところ、

興味ある人が何人かいたりして、好感触!

観にいく!と言ってくれる人もいたりで

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613134308j:plain

大体、前列2列目埋まるかな?と思うくらい

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613134320j:plain

順調な雰囲気かもしだしてたら

  

f:id:gamemasterfujisan:20180613134331j:plain

だーれもいないっていう第3話だったし

このシーンは衝撃的だった。

まさか、誰も来なかったとは( ´,_ゝ`) 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613134517j:plain

会場満員で夢が叶ったライブシーンでは

同じ歌の場面で、同じように踊るけど

ほのかちゃんの表情がまるで違って笑顔だし

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613134528j:plain

会場を満面の笑みで観るほのかちゃんも被り

もうホントね( ´,_ゝ`)クるものがあった

 

 

 

ラブライブはスポ根だ!

 

f:id:gamemasterfujisan:20180614133021j:plain

第2期では、

第1期であーだこーだあり放棄した

ラブライブの第2回に出場し天下を取る!

 

憧れであり圧倒的上の存在だった

アライズとも対決しバッチリ勝つ!!

みたいな話だった気がする( ´,_ゝ`)

 

まさに、

ただの憧れにも似たセカイだった舞台を

現実にし夢を叶えた瞬間だった( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180613184104j:plain

ミューズのキャッチフレーズは、

「みんなで叶える物語」

 

今まで観て来た者の心にスッと入ってくる

等身大のキャッチフレーズが素晴らしいし 

放送当初からこのアニメを支持し、

声優への応援、生ライブへの参加などで

そうしてラブライブを盛り上げよう!と

奮闘してきたファンにとってもきっと、

このフレーズは不変のテーマであるはず。

 

ふじさんは、このラブライブ!

1期1話から通して観ているうちに、

これが努力と根性と友情の愛溢れる

スポ根サクセスストーリーといわずして

何とするのか!?と( ´,_ゝ`)痛感

 

そんなスポ根的なアツさが、

続編のサンシャインにあるのかも重要だし

キャラの魅力もシナリオも超重要。

 

初作でこれほどの完成度を叩き出し

それを超える続編を生み出すのは

正直簡単なものではない…とはいえ、

また違う路線で魅せてくれる事を期待し 

いつかそれを確認できる一挙放送を待ち、

嵐の如く乱れ打つ指を置くとする( ´,_ゝ`)

 

 

  

あとがき

 

まず、なんでゲーム批評サイトで

アニメとか聖地巡礼とか語ってんの?

って理論だか法則だか知識だかかざして

低能なくせに勝ち誇った気になってる

頭足りないドヤり知識猿も湧きそうだし

面倒だが答えておいてやろう( ´,_ゝ`)

 

ラブライブとはアニメだし、

聖地巡礼はゲームそのものではない。

 

だがしかし、

同じアニメひとつとっても

楽しみ方はそれこそ多様にあるのだ。

 

ゲームの楽しみ方を扱うサイトである以上

楽しみ方が多岐にわたるアニメ視聴も

当然のように扱うべき題材という事。

 

いわば、アニメをプレイする

アニメプレイヤーということ( ´,_ゝ`)

 

難癖つけたいだけの猿が

格好のエジキにするラブライブとはいえ、

真にその文化を愛するのであれば、

関わり方、楽しみ方の姿勢を問われ

襟を正し今一度振り返る事も必要なこと。

 

更にこのふじさん・ザ・ゲーム批評は、

ゲーム業界を真に善く在るべき姿にすべく

様々な理念を語り流布するサイトであって

そもそもゲームだけのサイトではないし、

その裏にある根幹そのものが意義となる。

 

その真意とは、

ゲームやアニメ、漫画やラノベ

萌えイラストなどの日本サブカルチャー

真に良いカルチャーといえるかどうかは

すべては根幹で繋がることを流布し認識させ、

評価とは外部からの印象こそ大事と伝える事

 

そして、印象はすべての結果である。

 

印象次第で、文化が下等な扱いをされるし、

実は根も葉もない評価というわけでもない。

 

ゲーム業界に対しての一般評価とは、

アニメや漫画、イラストやラノベといった

これら日本のヲタク文化に対して向けられる

一般層からの一般評価であり、これらは

こうした意味で区別されず似たように映るし

内側の存在からの評価がどうだろうと、

そんなものはまさにどうでもよく、

外からの評価こそ最重要項目となる。

 

一方、

ゲームでもアニメでもよくあるけども、

元からある名称や日本語で語っていくなら

わからない相手にも何となく伝わるのに

頭文字で繋げただけの意味不明な略称にし

仲間うちにしか伝わらないような言葉を作り

コレハコレダヨネーウンウンソウダヨネー

とかやりだすのはヲタ文化の劣悪な部分だが

そういう事をしているうちは所詮その程度。

 

一部のマニアックな文化でしかなく、

それが社会の文化的市民権を得るに至るには

まだまだ改善し、超えるべき関門があるだろう

 

 

  

 

 

 ふじさんコラム第11回☆おしまい