【GM】ふじさん・ザ・ゲーム批評

高能力ゲーマー歴ン十年のゲームマスターが忖度せず、ゲームぶった斬る批評とプレイヤーの在り方や楽しみ方を伝えるレビューサイト

【Fujitter8】メタルマックスゼノ30時間プレイで率直な感想とGM流転職の嗜み方

メタルマックスゼノのプレイも3日目!

30時間プレイを越えたあたりの

率直な感想を書いてみよう( ´,_ゝ`)

今回はプレイの満喫度を高めるドラマや

ゲームマスター流転職の嗜み方などの話

 

 

  

 

 

 

あ、改造話はまた今度で( ´,_ゝ`)

もうちょっと詰めたい( ´,_ゝ`)

その代わりに、今回はGM流転職嗜み話を。

 

さてメタルマックスゼノも3日目へ突入し、

大体のシステムが開放されたっぽい時期。

  

f:id:gamemasterfujisan:20180422122553j:plain

しかも不死身のマリアが仲間に!

  

f:id:gamemasterfujisan:20180422122602j:plain

不死身の女・マリアといえば、

メタルマックス2主人公の

母親代わりになっていた者と同じ名前…

 

最強の女ソルジャーでもあった

不死身の女・マリアの性別もそうだけど

名前も通り名も職も同じ( ´,_ゝ`)

 

これは、はたして同一人物なのか!?

気になるところ( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180422130353j:plain

まさかこんなキス魔!?

 

メタルマックス2では全然描写されてなくて

そもそもわからないんだけどもね( ´,_ゝ`)

  

f:id:gamemasterfujisan:20180422122605j:plain

他、

美形メディック・ミサキ、 

 

f:id:gamemasterfujisan:20180422122608j:plain

そして謎のケモノ美少女イティカ、と

生存者確認が立て続けになり、

仲間の選択肢もアイアンベースの面々も

急速に彩られていく( ´,_ゝ`)

 

f:id:gamemasterfujisan:20180422122926j:plain

しかも「性別・女」が増えたことで

人類最後の乙女たるトニたんも

いろんな意味で、安心のしん?( ´,_ゝ`)

  

 

  

さて、プレイ感想についてだけども

6時間プレイ目までに体感した、

オープンワールドにも関わらず一本道な

あのかんじはもはやなくなっていた。

 

フィールドもいいかんじに複雑になってきて

遺構というリメインズダンジョンも増えたり

人間状態での戦闘をこなす事も選択肢に。

 

パーツ生産についても、

その素材があったりなかったりで

パーツが作れたり作れなかったりもし、

それによってパーティーの強さも変わる。

 

リストに載った段階でなんでもかんでも

生産できるわけでなく、できないのもある。

 

そのできない理由については、

今の進行段階で手に入る素材が足りないのか

今の進行では手に入らない素材なのか、が

そのリストに明確に記されているわけでなく

今まで手に入った素材から推察するしかない。

そうした不明瞭な部分も残されていて良い。

 

素材が不足しているならば、

パーツを集める為に廃墟を闊歩するもよし、

昔手に入れた、重くて積めなかった装備を

ランクルームから掘り起こして積むとか。

 

装備自体忘れていたときは、

それに気づいた時にドラマも生まれて楽しい。

 

つまり、もう旬が過ぎた後に気づき、

 

あっ!あったか!!

忘れてた!!!

 

なんて有効活用できず腐らせてしまい、

プレイヤーのうっかりで落胆するのもまた、

プレイヤー一人一人のプレイで変わる

ひとつのドラマで楽しいものがある( ´,_ゝ`)

 

ふじさんはそれなりに把握してるので

そうならなくて残念ではあったけど( ´,_ゝ`)

  

 

 

あと転職システムもあり、

TechLvが一定値に達することで開放された。

 

実際に転職してみた結果、

費用は発生せず、何も消費することもなく

自在に転職できて気軽に楽しめそう。

 

f:id:gamemasterfujisan:20180422125052j:plain

で、職といえばスキル!

キャラには、固有のスキルが2つある。

 

ふじさんが見る限りでは、

このリストの上から2番目までが固有スキルで

そこから下の☆値で示されているものが、

職レベルで開放されるスキルになる様子。

 

スキルにはオートもある。

いわゆるパッシブスキルで、常時発動系。

 

スキルは多様で、有効に活用する事も

楽しさのひとつになってるね( ´,_ゝ`)

 

で、ゲームマスターはというと、

転職を一通りしてみて簡単に確かめた後

全員、初期に就いてた職に元に戻した。

 

というのも、職もまたそのキャラの個性で

シナリオでありドラマだからだね( ´,_ゝ`)

 

超絶処女美少女トニたんはサバイバーで

不死身のマリアはソルジャー、と

シナリオに密接に関係した職となってる。

 

他のキャラも、登場時のインパクトや

シナリオでの役割、またその個性として

初期職が最もしっくりきたし、

この初期職を変える時がくるとすれば、

その時は職レベルが最大値になった時!

 

そうゲームマスターは決めた( ´,_ゝ`)

 

職の選択ひとつとっても、

こういう嗜み方があるということ。

 

ゲームマスターは、こういう観点でも

シナリオや世界観の没入感を高めている。

これは同時に満喫度にもつながっていく。

 

同時に、職スキルも偏っていく。

もしかすれば、職レベルが低くても

有用なスキルもあるかもしれない。

 

となれば、1つの職だけしかしないと

難易度は本来よりも上がることになるね。

 

なんでもかんでも、出来る事を無思慮で

取り入れて効率プレイするのではなく、

没入感を最優先に取捨選択する事により、

結果的に、手ごたえを高める事もできる。

 

ちなみに、人間装備は店で買わずに

拾ったものだけで間に合わせている。

 

拾ったアイテムや装備でなんとかしていく

そんなゲーム性にして楽しむ事もできるし

防御に不安がでてきてたまらない( ´,_ゝ`)

 

こういう事ができてやっと

真の上級者の入り口につま先を踏み込める。

 

知識をいくら折り重ねたところで、

それはただのテンプレマニュアル解答を

たくさん知ってるだけに過ぎない。

それはただの知識テンプレ勘違い上級者。

大したプレイヤーでもなくても

知識があれば中身スカスカでも同じ事は言える

 

そんな勘違いプレイヤーであればあるほど、

知識での簡単な上達法に味をしめてしまい、

自分の実力が見えなくなっていくのだ。

 

大事なことだからもう一度言うけど、

知識は能力の証明になりえない( ´,_ゝ`)

 

ゲーム変われば1からやり直しでなく、

プレイヤー自身のレベルを高めよう( ´,_ゝ`)b

  

 

  

さて、戦っても戦わなくてもいい、

手強いボス敵やら賞金首やらもが

メタルマックスの醍醐味のひとつ。

 

アイアンベースでスタートした直後に

めっちゃくちゃ何回もボコボコにされた

レッドスワンとかいうスナザメも

レッドウルフとおチビちゃんとバギーで

瞬殺してやったので大満足( ´,_ゝ`)

 

通り道にいた巡航サイゴンに襲われ

死にそうになったり……

 

なんとか回避しようとして

結局捕まって死にそうになったり…… 

なんてのは昔の話。

 

ふるぼっこにしてやって

サイゴンというSEも剥ぎ取り( ´,_ゝ`)

重すぎてお蔵入りしたけど( ´,_ゝ`)

  

ある程度シナリオ進行すると、

強敵だったやつを圧倒的力量差で抹殺し

お礼参りしてまわりスッキリするとか、

それもメタルマックスの醍醐味ね( ´,_ゝ`)

 

君は確かな強さを得た。

その強さは過去の強敵を葬り去るに足る。

君は、過去の強敵どもを葬り去るため

彼らのもとへ戻ってもいいし、

戻らなくてもいい( ´,_ゝ`)

 

最近やったドラゴンズクラウンプロの

おまけデジタルゲームブック、

悪霊島の秘宝の言い回し的に( ´,_ゝ`)

  

 

   

今回、だいぶやりやすくなって

メタルマックス初心者向けって印象。

 

ン十年と、このシリーズに付き合ってきた

ハードなファンのゲームマスターとして

利便化と簡略化により残念だったのは確か。

 

しかし、

複雑で不便だったメタルマックス

だいぶ遊びやすくなった確かで、

ふじさんはそれは半ば良さと実感している。

 

なので、遊びやすくなった事も満喫し

それなりにライトに遊ぶ方向へ切り替えた

 

それに、シビアな面はきちんと残ってるし

それもまさにメタルマックスだしね( ´,_ゝ`)

 

引き続き、このメタルマックス新作を

盛大に満喫していくふじさんだった( ´,_ゝ`)

 

 

ではいざ4日目へ_( キュラ_(( __キュラ( ( ( ´,_ゝ`)